健康サプリサボり~おすすめダイエット ランキング

健康情報の提供を行い、日々の健康に関する悩みから解放されストレスフリーな人生を実現します

お尻のブツブツ

そろそろ梅雨が明けると夏本番ですね。

夏になるとプール・海と水着になる機会も何かとかるかと思います。

お尻にブツブツがあるので、でもビキニになれない、という貴方、

夏までに何とかしたいですよね!

まずは、ブツブツができる主な原因について見ていきましょう。

過剰な皮脂の分泌

お尻のブツブツの原因のひとつとして考えられるのが、皮脂の過剰分泌です。これによりできるのが、ニキビです。ニキビは顔にできるというイメージが強いですが、皮脂腺がある場所であれば身体のいたるところにでもできます。
もちろん、お尻にもできます。

ニキビの原因がアクネ菌であることは有名ですが、アクネ菌は皮脂の過剰分泌や角質肥厚による毛穴の詰まりにより増殖します。お尻ぼ角質は分厚いのに加えて、普段から座ることによって刺激が常に与えられるため、お尻は過角化しやすいのです。先程述べた通り、角質が厚くなると毛穴が塞がってしまうので、アクネ菌は増殖しすくなるのです。

皮脂等のつまりによる粉瘤

他にはニキビと誤解されやすいのが、粉瘤(ふんりゅう)です。あまりなじみがない単語ですが、お尻のブツブツの原因の大きな要因を占めます。症状は皮膚の下に袋ができ、そこに垢や皮脂が詰まり引き起こされるという説が有力ですが性格な原因はまだ判明していません。良性の腫瘍に分類されますが、ニキビと勘違いして放置しておくと炎症を起こし、細菌が入りこんで更に症状が悪化する場合もあるので、注意が必要です。

ニキビと粉瘤の違い

粉瘤はできる場所が毎回同じです。また一度治ったと思ってもまた再発します。心当たりがある方は、その毛穴付近を確認して欲しいのですが、粉瘤ができる毛穴はくぼんでいることが多いです。

シャンプーやボディーソープ等の刺激

洗剤やボディーソープは洗浄力が強い一方で、人体への刺激も強いです。そのたえ湿疹などの原因となります。特に長時間座っていることの多い人は注意が必要です。椅子に座った状態で汗をかくと、下着等の繊維に付着した合成洗剤や柔軟剤が溶け出すことがあるためです。

また、見落としがちなポイントとしてはお風呂の椅子があります。椅子に座って頭や身体を洗うと、身体についたシャンプーやボディーソープがお尻の下に溜まってしまいます。これが湿疹や炎症の原因となる可能性があるのです

ジェルクリームでのケア

すでにお尻にニキビ跡ができている方におすすめしたいのが、薬用美尻ジェルクリームプチノン です。

 

こちらの商品は、お尻のブツブツに悩むお客様の声を聞き、薬剤師が開発したお尻専用の薬用クリームです。
特に、このクリームのもっとも得意とするのは2大有効成分にあるニキビ・黒ずみ対策です。

多重層カプセルにより、①内側ケア、②表面バリア、③底上土台といったスリーステップであなたのお尻を見せたくなるビーナスヒップに改善します。

送料無料(定期コースの場合)かつ30日間返金保証と

お試しとしても始めやすいので、是非どうぞ! 

 

洗浄成分までとことん植物性にこだわった
素肌力に働きかけるクレンジング
くわしくはこちら