読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康サプリサボり~おすすめダイエット ランキング

健康情報の提供を行い、日々の健康に関する悩みから解放されストレスフリーな人生を実現します

歯を白くする方法

1.歯の着色原因

歯が黄色くなる、茶色くなる原因は様々ですが、

大きく分けると2つの原因があります。

 

1-1.歯のエナメル質の汚れによる着色

⇒色の濃い食品やタバコのヤニなどによる表面の着色汚れは、
 歯磨きなどによって表面をこすることである程度汚れを落とすことが可能です。

 

1-2.エナメル質の内部汚れや更に内部にある象牙質の着色

⇒歯の表面だけでなく内部にまで蓄積された汚れを白くするには、

 過酸化水素によるホワイトニングで歯を漂白する必要があります。

 こちらは自宅で行うのは難しいです。

 歯医者さんへ行ってください。
日本では薬事法の関係から過酸化水素を使った製品の市販不可のため。

 

では、歯の表面の汚れにはどのように対処方法があるんでしょうか、

以降でご説明します。

 

 

2.歯のホワイトニング方法

2-1.ホワイトニング機能のある歯磨き粉で磨く

多くの歯磨き粉には、歯の表面の着色汚れを削ってキレイにする研磨剤が含まれています。

最近は、研磨成分に加えて様々な補助成分を配合し、効果的に着色を落とせる歯磨き粉も販売されています。

ただし、研磨性の強い歯磨き粉については、歯や歯茎を傷つける可能性があるので、
注意が必要です。

 

2-2.歯のマニキュアを使う

根本的に白くするわけではないですが、塗料を歯の表面に塗ることで、歯を白するマニキュアのようなものが存在します。

例えば銀歯や差し歯、神経のない歯などは、ホワイトニングで白くすることは難しいのですが、上から色を乗せることで歯の色を白くみせることが出来ます。
市販されている歯用のマニキュアなら値段も安くで、手軽に試すことができます。

 

2-3.専門の外来で見てもらう

上記の2つのパターンを試してもどうしても、白くならない場合、歯科医院やエステサロンで受診することが有効です。

特に、エステでは不安な方や、結婚式の直前などなるべく早くホワイトニングをしたい方は審美歯科に行くのが安心でしょう。

f:id:ktr_dl_1:20170511161222j:plain

 

以上、色々と歯を白くするための秘策をご紹介してきましたが、

一番は毎日の歯のケアを自宅ですることですよ。

歯医者さんの費用は、決して安いものではないですからね。

 

ちなみにアメリカでは、虫歯になったときの治療費が非常に高いため、

定期的に歯科に通う傾向があるそうです。

 

みなさん、日々の努力で歯の白さを保ちましょう!

 

広告を非表示にする
洗浄成分までとことん植物性にこだわった
素肌力に働きかけるクレンジング
くわしくはこちら